Main Menu Top Menu

タグ: PLM

PLM

DX(デジタルトランスフォーメーション)Webセミナー「CONTACT Cloud Connect 2021」

『DX(デジタルトランスフォーメーション)Webセミナー』
CONTACT Cloud Connect 2021

デジタル活用を推進し、ビジネスにおけるレジリエンスを強化

インダストリー4.0、デジタルビジネスモデル、クラウドコンピューティング、モノのインターネット、人工知能:

デジタル化の機会は、今日ほど大きなものはありません。その一方で、今後も成功を収めるためには、企業に新たな能力や技術力が求められています。その鍵となるのが、デジタル主権の構築です。

デジタルで自己決定しましょう!
Cloud Connect 2021では、どのキーコンピテンシーとテクノロジーが本当に重要なのかをご紹介します。トップクラスの基調講演、エキサイティングな専門家やお客様の貢献により、製品、サービス、インフラの開発、生産、運用、販売を俊敏かつ独立して行う方法を体験できます。

ご参加いただけない場合でも、ご登録いただければ幸いです。ご登録いただいた内容は、オンデマンドでご提供させていただきます。

セッションは英語と中国語で行われます。

注目の基調講演

グローバルなネットワークがかつてないほど急速に拡大しているため、将来を見据えたビジネス上の意思決定がますます困難になっています。私のプロジェクトにはどのデジタル技術が適しているのでしょうか?

基調講演では、ガートナー社のシニア・ディレクター・アナリストであるアレクサンダー・ホーペ氏が、アジャイルに運用し、より持続的なビジネスを行うためには、互換性のあるソリューションが重要であることを紹介します。

ガートナーは世界有数のリサーチ・アドバイザリー企業であり、企業全体のエグゼクティブが正しい意思決定を行い、変化に先んじて行動するための支援を行っています。

CONTACTの世界での実践的な考察

コンタクトのお客様である、加工産業向けの革新的なソリューションを提供するフルラインサプライヤーのMarel社と、国際的に事業を展開する造船会社のUlstein社が、私たちのコラボレーションについて独占的な洞察を提供し、デジタル主権への道を示しています。

国際的なパートナーとの意見交換の機会を得ることができます。

▌開催概要

日程:2021年10月26日(火)16:00 – 20:00 (JST)

会場:WEBセミナー形式 ※ご自宅などどこからでも視聴可能!

参加費:無料

言語:英語・中国語(Base campのみ日本語)

 

お申込み

お申込みはこちら(英語ページ)
登録済みの方

 

▌スケジュール

時間 内容 講師
4:00 p.m. (JST) ご挨拶 マイケル・ムルガイ(Michael Murgai) - Hosts
Director Strategy & Operations
CONTACT Software
4:15 p.m. (JST)
基調講演:コンポーザブル・ソリューションでビジネスを拡大

製造業のデジタルトランスフォーメーションでは、ますます複雑化する要件を使いこなすために、ベンダーやエンドユーザー企業に最大限の柔軟性が求められます。そのための鍵となるのが、モジュラーアプローチです。「コンポーザブル・ビジネス」という意味でビジネスを構築している製造業企業は、変化に柔軟に対応し、デジタル化の取り組みをより持続的に計画し、より迅速に実施することができます。「コンポーザブル・ポートフォリオ」により、テクノロジープロバイダーやサービスプロバイダーは、さまざまな顧客のニーズに最適な方法でソリューションを適応させることができます。意思決定者やエンドユーザーがデジタル化の取り組みに直接関与することで、デジタルトランスフォーメーションを加速させることができます。

セッションは英語と中国語で行われます。

アレクサンダー・ ヘッペ(Alexander Hoeppe) - Keynote Speakers
Senior Director Analyst
Gartner Inc.
4:45 p.m. (JST) サービスとしてのCONTACT Elements

クラウドベースのソフトウェア製品は、PLMのようなエンタープライズソフトウェアにおいても、ソフトウェア市場を変えつつあります。今年から、CONTACT ElementsはSaaS(Software-as-a-Service)としても利用できるようになりました。基調講演では、フランク・パッツ=ブロックマンが、CONTACT Elementsの導入モデルを包括的に紹介し、コスト、機能、技術の面で比較します。ここでは、CONTACTのSaaS製品、その利点と関連するロードマップをご説明します。

  • CONTACT Elementsのクラウド導入モデル
  • 必要機能のみを導入。SaaSによるコンタクトエレメント
  • サービスとしてのCONTACT Elementsプラットフォーム。お客様のメリットは?

セッションは英語と中国語で行われます。

フランク・ パッツ-ブロックマン(Frank Patz-Brockmann) - Speaker
Director Software Development
CONTACT Software
5:00 p.m. (JST) ウルステインにおけるPLM導入事例

造船業界は製品ライフサイクルが短く、国際的な競争圧力にさらされています。この市場で生き残っていくためには、革新的な力、納期と予算の厳守、そして高い品質が不可欠です。ノルウェーに本社を置くウルステイングループは、船舶設計・ソリューション、造船、グローバルな販売・出荷の分野で国際的な成功を収めている造船会社です。近年、同社への要求は継続的に高まっています。厳しい規制要件、より大型で持続可能な船舶への需要の高まり、さらには建造までのリードタイムの短縮化などにより、多くの専門分野とITシステムの連携が必要となっています。ウルスタイン社は、異なる部門間で必要な情報の流れを加速し、データサイロを回避するという課題に直面していました。CIM Database PLMを使用することで、ウルステイン社は増大する複雑さを管理し、ドメイン間で人材、システム、プロセスを同期させ、開発期間とコストを削減することができます。

本セッションでは、ウルステイン社のリード・ナバル・アーキテクトであるHåkon Vestnes氏が、新しいPLMシステムの厳しい導入プロセスにおいて、同社とCONTACTがどのようにして準備し、成功させたかを説明します。

セッションは英語と中国語で行われます。

ホーコン・ベストネス(Håkon Vestnes) - Speaker
Principal Engineer - Lead Naval Architecture
ULSTEIN DESIGN & SOLUTIONS
5:30 p.m. (JST) デジタルエンタープライズPLM

技術主権とデジタル化された企業の鏡としてのPLM

本発表では、PLMプロセス、モジュール型PLM技術、そして企業主権の依存関係に焦点を当てています。本講演では、PLM技術、プロセスパターン、PLM運用からなる新たな戦略的トライアングルに投影された、ディスクリート製造業のデジタル化と変革プロセスの最新動向を取り上げます。また、デジタル成熟度に関連する要素や導入事例についても紹介します。

セッションは英語と中国語で行われます。

パトリック・ミュラー(Dr. Patrick Müller) - Speaker
Director Innovation Strategy
CONTACT Software
5:45 p.m. (JST) レジリエンスの高いビジネスの基礎となるプロダクト・ハイウェイとコンポーザブル・アーキテクチャー

昨今のメーカーニーズに対応するために、コンポーザブルでモジュラーなソリューションを構築します。

今日の複雑で高度な設定が可能で、耐用年数の長い製品には、そのライフサイクルにわたって重要な製品データにアクセスするための新しいアプローチが必要です。
製品やバリューチェーンの複雑化に伴い、製品の完全性を損なうことなくリスクを軽減し、製品の開発と提供を加速するために、データの接続性とトレーサビリティーの改善が求められています。
マレル社では、モジュール式で構成可能なITソリューションを構築するアプローチをとっており、製品のライフサイクルの各段階において、様々なソースからのデータをリンクさせ、デジタル製品データスレッドを構築するために、コンタクト要素を選択しています。

セッションは英語と中国語で行われます。

マレル・ホールディング(Marel Holding B.V.) - Speaker
Enterprise Architect
6:15 p.m. (JST) バリューチェーンの課題とソリューション&まとめ

セッションは英語と中国語で行われます。

トーマス・ランタマン(Thomas Lantermann) - Speakers
Senior Consultant Digitalization
Mitsubishi Electric Europe B.V.

 

 

マイケル・ムルガイ(Michael Murgai) - Hosts
Director Strategy & Operations
CONTACT Software

6:45 p.m. (JST) グローバル ブレイン スクエアによるベースキャンプ

・日本におけるデジタルトランスフォーメーション(DX)のトレンド

・日本のモノづくりにおけるデジタルツイン活用戦略

・日本的プロジェクトマネジメントの特徴

セッションは日本語で行われます。

岩本 謙一郎

グローバル ブレイン スクエア 代表取締役

 

▌主催者概要

CONTACT Softwareはドイツのブレーメンで1990年に設立されて、革新的なデジタルプロセスにおいて30年の経験があります。コラボレーションのための優れた実用的な技術を顧客に提供しています。
主なクライアントは、世界中で活動している製造業をはじめとする様々な会社であり、40カ国・2000事業所に導入されています。
コンタクト・ソフトウェア製品の詳細はこちらをご覧ください。
尚、現在CONTACT Softwareの日本法人はありません。株式会社グローバルブレインスクエアが正規販売代理店となっています。お問い合わせは株式会社グローバルブレインスクエアまで。

 

お申込み

お申込みはこちら(英語ページ)
登録済みの方

DX(デジタルトランスフォーメーション)Webセミナー「CONTACT Elements LIVE Tour – Digital Edition」

『DX(デジタルトランスフォーメーション)Webセミナー』

– CONTACT Elements LIVE Tour – Digital Edition

CONTACT Elements LIVE Tour – Digital Editionでは、PLM、IoT、プロジェクト管理に関する最新情報をお伝えします。また、三菱パワー株式会社様の導入事例をご紹介します。

今回のトピック:
統合プラットフォームCONTACT Elementsは、さまざまな組織でシステム横断的なプロセスの一貫性の確保、信頼性の向上、および高速化をサポートしています。本セミナーでは、プレゼンテーション、講義、および導入事例を通じて、統合プラットフォームCONTACT Elementsの最新技術、適用分野、および潜在的なメリットについて、コンパクトで実践的な概要をご説明します。

CIMデータベース:製品作成におけるより良いコラボレーションとより速いプロセスのためのPLMシステム。
プロジェクトオフィス:信頼できるプロセスと機敏なチームワークでエンジニアリングプロジェクトをより成功させる
Elements for IoT:スマートで接続された製品のための完全なデジタルツインプラットフォーム

基調講演は、独立系の国際的なコンサルティング会社であり研究機関であるCIMdata社より、スマートビジネスとそれが実現するインテリジェントで接続された世界(Connected World)について解説します。

また、三菱パワー(株)とドイツ鉄道からのエキサイティングなサクセスストーリー(導入事例)を聞いてください。

このイベントは、技術マネージャーと業務プロセスマネージャー、およびR&D、IT、製品管理のグループおよび部門の責任者向けのイベントです。

オンラインイベントは英語で開催されます。

▌開催概要

日程:2021年7月20日(火)17:00 – 20:00 (JST)

会場:WEBセミナー形式 ※ご自宅などどこからでも視聴可能!

参加費:無料

言語:英語

 

お申込み

受付を終了しました。
たくさんのお申込みありがとうございました。

 

▌スケジュール

時間 内容
17:00 p.m. (JST) ご挨拶・オープニングキーノート
17:10 p.m. (JST)
基調講演:スマートで接続された世界を実現する

CONTACT Elements for IoT:スマートビジネスのオペレーティングシステム–CIMdataの解説

CIMdataは、PLMとデジタルトランスフォーメーション(DX)を専業とする、独立系グローバル戦略コンサルティング会社および調査機関です。

17:40 p.m. (JST) DX(デジタルトランスフォーメーション)時代のコラボレーション

CONTACTElementsを使用することで、プロジェクトでより良いコラボレーションをする方法をデモシナリオに沿って説明します。

同時に、以下の項目についてご説明します。

  • ダッシュボードとアクティビティストリーム
  • ユーザーインターフェイスとドキュメント管理
  • お客様や外部ユーザーとのコラボレーション
  • プロジェクト管理
  • 要求仕様管理
18:30 p.m. (JST) プロジェクト関連のコミュニケーションとドキュメント提出プロセスのスマートな統合

三菱パワーヨーロッパ(Mitsubishi Power Europe)のリードエンジニアであるMarcel Danes氏が、クライアントとサプライヤを社内プロセスに統合し、通信を最適化し、ドキュメント提出プロセスを自動化する方法を紹介します。

18:50 p.m. (JST) デジタルハイウェイ
このデモシナリオでは、データとシステムの統合が将来の成功の鍵となる理由を示します。同時に、以下の項目についてご説明します。

  • 製品バリエーションと分類
  • mBOM&CTO +
  • IoTサービスケース
  • SAPとの接続
19:30 p.m. (JST) カスタマーサクセスストーリー:ドイツ鉄道
ユリアンシュミットは、ドイツ鉄道の舞台裏でエキサイティングなインサイトをご説明します。
19:50 p.m. (JST) まとめ

 

▌主催者概要

CONTACT Softwareはドイツのブレーメンで1990年に設立されて、革新的なデジタルプロセスにおいて30年の経験があります。コラボレーションのための優れた実用的な技術を顧客に提供しています。

主なクライアントは、世界中で活動している製造業をはじめとする様々な会社であり、40カ国・2000事業所に導入されています。

コンタクト・ソフトウェア製品の詳細はこちらをご覧ください。

尚、現在CONTACT Softwareの日本法人はありません。株式会社グローバルブレインスクエアが正規販売代理店となっています。お問い合わせは株式会社グローバルブレインスクエアまで。

2021年6月18日開催 「製造業のDX(デジタルトランスフォーメーション)~デジタルツインを活用したスマートファクトリー」セミナー


昨今、ビジネスや社会のDX(デジタルトランスフォーメーション)が進行しています。 ドイツでは、第4次産業革命を表す”Industry 4.0”の概念が導入されました。 機械化(第一次)、大量生産(第二次)、自動化(第三次)の波に続くのは何でしょうか?それは、人工知能(AI)を使用してシミュレーションやプロセスの最適化ができる、仮想空間と現実空間を統合した環境を構築し、それを活用することです。

このデジタル化は社会にも波及しています。日本ではそれをSociety 5.0と呼び、政府はデジタル庁の創設も含めて強力に推進しています。こうしたデジタル化の根幹をなすのが、現実空間を仮想空間上でそのまま再現した「デジタルツイン」です。

一方で、DX(デジタルトランスフォーメーション)を推進しようとすると、現場でさまざまな課題に直面します。
「センサーを付けてデータを取ったところで、一体何がわかるのか?」
「センサーを取り付ける費用対効果を考えると、到底導入できない」
とった声をお客様から聞きます。

今回のセミナーでは、このデジタルツインが製造業にどのような影響を与えるか、事例を挙げながら解説するとともに、
現場で円滑に導入するための考え方をご紹介します。

ご興味がある方はぜひご参加ください。

 

開催概要

日程:2021年6月18日(金)17:00 – 18:00 JST

会場:WEBセミナー形式 ※ご自宅などどこからでも視聴可能!

参加費:無料

言語:日本語

 

お申込み

受付を終了しました。
たくさんのお申込みありがとうございました。

 

スケジュール

時間 内容 登壇者
17:00 ~ 17:10

10分

ご挨拶 岩本 謙一郎

(株)グローバル ブレイン スクエア

(日本語)

17:10 ~ 17:30

20分

Industry 4.0 vs Society 5.0:

Society 5.0が実現する未来の模様

岩本 謙一郎

(株)グローバル ブレイン スクエア

(日本語)

17:30 ~ 17:50

20分

CONTACT Software ご紹介:

IoT時代のデジタルツイン管理もできるプラットフォーム、CONTACT Elementsをご紹介します。

岩本 謙一郎

(株)グローバル ブレイン スクエア

(日本語)

17:50 ~ 18:00

10分

Q&A・まとめ

 

主催者概要

企業のグローバル化とデジタル化を支援するコンサルティング会社です。PLMコンサルティングやWebマーケティングや越境EC、海外展開の支援を行っております。ドイツのCONTACT Softwareの日本販売代理店として実装支援します。

 

講師紹介

(株) グローバルブレインスクエア

代表取締役 岩本 謙一郎

中央クーパースアンドライブランドコンサルティング株式会社(後のプライスウォーターハウスクーパースコンサルティング株式会社、現日本IBM)に入社。以来、22年間にわたり主にグローバル企業のコンサルタントとしてさまざまな企業の課題解決プロジェクトに携わる。

2006年 米国南カリフォルニア大学マーシャルビジネススクールのPostgraduate Advanced Management Program修了。

 

主な講師実績

・ビジネス・ブレークスルー大学オープンカレッジ「リーダーシップ・アクションプログラム」『ビジョン構想力講師』

・東京商工会議所千代田支部主催 グローバルマーケティング講座 講師

・大手総合電機メーカーグループ向け Webサイト構築方法論 講師(日本語・英語)

・大手総合電機メーカー系研修所 Webマーケティング 講師

・自社主催 コンサルティングスキル講座

・株式会社ビジネス・ブレイクスルー 法人向け研修講師

 

お申込み

受付を終了しました。
たくさんのお申込みありがとうございました。

 

関連リンク

デジタルツインを使ったIoTプラットフォーム

2021年5月21日開催 「DX(デジタルトランスフォーメーション)時代の社外コラボレーション」セミナー

DX(デジタルトランスフォーメーション)でコラボレーションのあり方が変わる

インターネットの高速化とクラウド環境の整備に伴い、社外とのコラボレーション環境は格段に良くなりました。一方で、情報セキュリティに対する意識は高まり、情報漏洩が発覚した時のリスクは高まっています。さらに、「外部スタッフが閲覧できるようになっていた」というだけでも社会的に厳しい評価を受ける昨今となっています。
そんな中、皆さんの会社ではどのように社外とのコラボレーションを進めていますか?

「添付ファイルを暗号化しているから大丈夫」
「クラウドストレージも有料版を使っているから安心」
「社内環境にアクセスするには権限管理をしているので問題無い」
など、それぞれ対策は取られているかもしれません。

しかし、DX(デジタルトランスフォーメーション)の波は確実に押し寄せています。”Industry 4.0”の世界では、仮想空間と現実空間を統合した環境を構築し、それを活用することが求められます。今後、”Industry 5.0”→”Industry 6.0”と高度化するならば、今のタイミングで移行が必要です。

今回のセミナーでは、DX(デジタルトランスフォーメーション)に伴い、コラボレーションのあり方がどのように変化し、どのような対応が必要になるか?CONTACT Softwareの具体例も挙げながら解説します。

ご興味がある方はぜひご参加ください。

 

開催概要

日程:2021年5月21日(金)17:00 – 18:00 JST

会場:WEBセミナー形式 ※ご自宅などどこからでも視聴可能!

参加費:無料

言語:日本語

 

お申込み

受付を終了しました。
たくさんのお申込みありがとうございました。

 

スケジュール

時間 内容 登壇者
17:00 ~ 17:30

30分

DX(デジタルトランスフォーメーション)時代のコラボレーションとは?:

DX時代到来に伴う変化と、コラボレーション管理者が意識すべきポイントを解説します。

岩本 謙一郎

(株)グローバル ブレイン スクエア

(日本語)

17:30 ~ 17:50

20分

CONTACT Software ご紹介:

DX(デジタルトランスフォーメーション)時代のコラボレーションも管理できるプラットフォーム、CONTACT Elements Collaboration Hubをご紹介します。

岩本 謙一郎

(株)グローバル ブレイン スクエア

(日本語)

17:50 ~ 18:00

10分

Q&A・まとめ

 

主催者概要

企業のグローバル化とデジタル化を支援するコンサルティング会社です。PLMコンサルティングやWebマーケティングや越境EC、海外展開の支援を行っております。ドイツのCONTACT Softwareの日本販売代理店として実装支援します。

 

講師紹介

(株) グローバルブレインスクエア

代表取締役 岩本 謙一郎

中央クーパースアンドライブランドコンサルティング株式会社(後のプライスウォーターハウスクーパースコンサルティング株式会社、現日本IBM)に入社。以来、22年間にわたり主にグローバル企業のコンサルタントとしてさまざまな企業の課題解決プロジェクトに携わる。

2006年 米国南カリフォルニア大学マーシャルビジネススクールのPostgraduate Advanced Management Program修了。

 

主な講師実績

・ビジネス・ブレークスルー大学オープンカレッジ「リーダーシップ・アクションプログラム」『ビジョン構想力講師』

・東京商工会議所千代田支部主催 グローバルマーケティング講座 講師

・大手総合電機メーカーグループ向け Webサイト構築方法論 講師(日本語・英語)

・大手総合電機メーカー系研修所 Webマーケティング 講師

・自社主催 コンサルティングスキル講座

・株式会社ビジネス・ブレイクスルー 法人向け研修講師

 

お申込み

受付を終了しました。
たくさんのお申込みありがとうございました。

 

関連リンク

アジャイル開発に対応したプロジェクトマネジメントツール

2021年4月23日開催 「DX(デジタルトランスフォーメーション)時代の社外コラボレーション」セミナー

DX(デジタルトランスフォーメーション)でコラボレーションのあり方が変わる

インターネットの高速化とクラウド環境の整備に伴い、社外とのコラボレーション環境は格段に良くなりました。一方で、情報セキュリティに対する意識は高まり、情報漏洩が発覚した時のリスクは高まっています。さらに、「外部スタッフが閲覧できるようになっていた」というだけでも社会的に厳しい評価を受ける昨今となっています。
そんな中、皆さんの会社ではどのように社外とのコラボレーションを進めていますか?

「添付ファイルを暗号化しているから大丈夫」
「クラウドストレージも有料版を使っているから安心」
「社内環境にアクセスするには権限管理をしているので問題無い」
など、それぞれ対策は取られているかもしれません。

しかし、DX(デジタルトランスフォーメーション)の波は確実に押し寄せています。”Industry 4.0”の世界では、仮想空間と現実空間を統合した環境を構築し、それを活用することが求められます。今後、”Industry 5.0”→”Industry 6.0”と高度化するならば、今のタイミングで移行が必要です。

今回のセミナーでは、DX(デジタルトランスフォーメーション)に伴い、コラボレーションのあり方がどのように変化し、どのような対応が必要になるか?CONTACT Softwareの具体例も挙げながら解説します。

ご興味がある方はぜひご参加ください。

 

開催概要

日程:2021年4月23日(金)17:00 – 18:00 JST

会場:WEBセミナー形式 ※ご自宅などどこからでも視聴可能!

参加費:無料

言語:日本語

 

お申込み

受付を終了しました。
たくさんのお申込みありがとうございました。

 

スケジュール

時間 内容 登壇者
17:00 ~ 17:30

30分

DX(デジタルトランスフォーメーション)時代のコラボレーションとは?:

DX時代到来に伴う変化と、コラボレーション管理者が意識すべきポイントを解説します。

岩本 謙一郎

(株)グローバル ブレイン スクエア

(日本語)

17:30 ~ 17:50

20分

CONTACT Software ご紹介:

DX(デジタルトランスフォーメーション)時代のコラボレーションも管理できるプラットフォーム、CONTACT Elements Collaboration Hubをご紹介します。

岩本 謙一郎

(株)グローバル ブレイン スクエア

(日本語)

17:50 ~ 18:00

10分

Q&A・まとめ

 

主催者概要

企業のグローバル化とデジタル化を支援するコンサルティング会社です。PLMコンサルティングやWebマーケティングや越境EC、海外展開の支援を行っております。ドイツのCONTACT Softwareの日本販売代理店として実装支援します。

 

講師紹介

(株) グローバルブレインスクエア

代表取締役 岩本 謙一郎

中央クーパースアンドライブランドコンサルティング株式会社(後のプライスウォーターハウスクーパースコンサルティング株式会社、現日本IBM)に入社。以来、22年間にわたり主にグローバル企業のコンサルタントとしてさまざまな企業の課題解決プロジェクトに携わる。

2006年 米国南カリフォルニア大学マーシャルビジネススクールのPostgraduate Advanced Management Program修了。

 

主な講師実績

・ビジネス・ブレークスルー大学オープンカレッジ「リーダーシップ・アクションプログラム」『ビジョン構想力講師』

・東京商工会議所千代田支部主催 グローバルマーケティング講座 講師

・大手総合電機メーカーグループ向け Webサイト構築方法論 講師(日本語・英語)

・大手総合電機メーカー系研修所 Webマーケティング 講師

・自社主催 コンサルティングスキル講座

・株式会社ビジネス・ブレイクスルー 法人向け研修講師

 

お申込み

受付を終了しました。
たくさんのお申込みありがとうございました。

 

関連リンク

アジャイル開発に対応したプロジェクトマネジメントツール

2021年3月19日開催 「製造業のDX(デジタルトランスフォーメーション)~デジタルツインを活用したスマートファクトリー」セミナー

Industry 4.0を元フラウンホーファー日本代表が解説!

昨今、ビジネスや社会のDX(デジタルトランスフォーメーション)が進行しています。 ドイツでは、第4次産業革命を表す”Industry 4.0”の概念が導入されました。 機械化(第一次)、大量生産(第二次)、自動化(第三次)の波に続くのは何でしょうか?それは、人工知能(AI)を使用してシミュレーションやプロセスの最適化ができる、仮想空間と現実空間を統合した環境を構築し、それを活用することです。

このデジタル化は社会にも波及しています。日本ではそれをSociety 5.0と呼び、政府はデジタル庁の創設も含めて強力に推進しています。こうしたデジタル化の根幹をなすのが、現実空間を仮想空間上でそのまま再現した「デジタルツイン」です。

一方で、DX(デジタルトランスフォーメーション)を推進しようとすると、現場でさまざまな課題に直面します。
「センサーを付けてデータを取ったところで、一体何がわかるのか?」
「センサーを取り付ける費用対効果を考えると、到底導入できない」
とった声をお客様から聞きます。

今回のセミナーでは、このデジタルツインが製造業にどのような影響を与えるか、事例を挙げながら解説するとともに、
現場で円滑に導入するための考え方をご紹介します。

ご興味がある方はぜひご参加ください。

 

開催概要

日程:2021年3月19日(金)17:00 – 18:00 JST

会場:WEBセミナー形式 ※ご自宅などどこからでも視聴可能!

参加費:無料

言語:日本語・英語

 

お申込み

受付を終了しました。
たくさんのお申込みありがとうございました。

 

スケジュール

時間 内容 登壇者
17:00 ~ 17:10

10分

ご挨拶 岩本 謙一郎

(株)グローバル ブレイン スクエア

(日本語)

17:10 ~ 17:30

20分

Industry 4.0 vs Society 5.0:

Society 5.0が実現する未来の模様

ローレンツ グランラート

CONTACT Software

(英語)

17:30 ~ 17:50

20分

CONTACT Software ご紹介:

IoT時代のデジタルツイン管理もできるプラットフォーム、CONTACT Elementsをご紹介します。

岩本 謙一郎

(株)グローバル ブレイン スクエア

(日本語)

16:50 ~ 17:00

10分

Q&A・まとめ

 

主催者概要

企業のグローバル化とデジタル化を支援するコンサルティング会社です。PLMコンサルティングやWebマーケティングや越境EC、海外展開の支援を行っております。ドイツのCONTACT Softwareの日本販売代理店として実装支援します。

 

講師紹介

Dr. Lorenz Granrath

Business Development Japan, CONTACT

1990 年 カールスルーエ大学(Univ. of Karlsrube, Germany)経営工学修士号取得

1992 年~1993 年 東京大学 客員研究員

1994 年 ザンクトガレン大学(Univ. of Sankt Gallen, Switzerland)経営工学博士号取得

1990~1994 年 GPA AG(スイス、ザンクトガレン); Balzer AG(リヒテンシュタイン);ザンクトガレン

大学. コンサルタント:ドイツ及びスイスにおける企業の生産・戦略マーケティング

1995~1997 年 ABB-STOTZ KONTAKT GmbH(ドイツ、ハイデルベルグ)

新技術プロジェクトマネージャー

1997~2001 年 GDM ドイツ国立情報処理研究所(ドイツ、ザンクトアウグスティン)

2001~2013 年 フラウンホーファー日本代表部 代表

2014 年 7 月~ 産業技術総合研究所 上席イノベーションコーディネーター

2020 年 3 月~ (独)CONTACT Software 日本地域統括マネージャー

(株) グローバルブレインスクエア

代表取締役 岩本 謙一郎

中央クーパースアンドライブランドコンサルティング株式会社(後のプライスウォーターハウスクーパースコンサルティング株式会社、現日本IBM)に入社。以来、22年間にわたり主にグローバル企業のコンサルタントとしてさまざまな企業の課題解決プロジェクトに携わる。

2006年 米国南カリフォルニア大学マーシャルビジネススクールのPostgraduate Advanced Management Program修了。

 

主な講師実績

・ビジネス・ブレークスルー大学オープンカレッジ「リーダーシップ・アクションプログラム」『ビジョン構想力講師』

・東京商工会議所千代田支部主催 グローバルマーケティング講座 講師

・大手総合電機メーカーグループ向け Webサイト構築方法論 講師(日本語・英語)

・大手総合電機メーカー系研修所 Webマーケティング 講師

・自社主催 コンサルティングスキル講座

・株式会社ビジネス・ブレイクスルー 法人向け研修講師

 

お申込み

受付を終了しました。
たくさんのお申込みありがとうございました。

 

関連リンク

デジタルツインを使ったIoTプラットフォーム

2021年1月20日開催 「DX(デジタルトランスフォーメーション)時代のプロジェクトマネジメント」セミナー

DX(デジタルトランスフォーメーション)でプロジェクトのあり方が変わる

不確定要素が多く、常にトラブルに見舞われることが多いプロジェクト。円滑に進めるためのプロジェクトマネジメントは、長年にわたって研究され、多くの方法論が開発されてきました。多くのプロジェクトマネージャが研修を受け、実践に生かそうと努力してきました。しかしながら、想定外の事態が多すぎて想定通り進まないことも多々あります。
「プロジェクト管理なんて、Excelで十分でしょう」
「苦労してWBSを作ったけれど、そのうち誰もメンテナンスしなくなった」
そんな話をよく聞きます。
しかし、DX(デジタルトランスフォーメーション)の波は確実に押し寄せています。”Industry 4.0”の世界では、仮想空間と現実空間を統合した環境を構築し、それを活用することが求められます。今後、”Industry 5.0”→”Industry 6.0”と高度化するならば、今のタイミングで移行が必要です。

今回のセミナーでは、DX(デジタルトランスフォーメーション)に伴い、プロジェクトのあり方がどのように変化し、どのような対応が必要になるか?CONTACT Softwareの具体例も挙げながら解説します

ご興味がある方はぜひご参加ください。

 

開催概要

日程:2021年1月20日(水)17:00 – 18:00 JST

会場:WEBセミナー形式 ※ご自宅などどこからでも視聴可能!

参加費:無料

言語:日本語・英語

 

お申込み

受付を終了しました。
たくさんのお申込みありがとうございました。

 

スケジュール

時間 内容 登壇者
17:00 ~ 17:15

15分

ご挨拶・CONTACT Softwareについて ローレンツ グランラート

CONTACT Software

(英語)

17:15 ~ 17:30

15分

DX(デジタルトランスフォーメーション)時代のプロジェクトマネジメントとは?:

DX時代到来に伴う変化と、プロジェクトマネージャーが意識すべきポイントを解説します。

岩本 謙一郎

(株)グローバル ブレイン スクエア

(日本語)

17:30 ~ 17:50

20分

CONTACT Software ご紹介:

DX(デジタルトランスフォーメーション)時代のプロジェクトマネジメントもできるプラットフォーム、CONTACT Elements Project Officeをご紹介します。

岩本 謙一郎

(株)グローバル ブレイン スクエア

(日本語)

17:50 ~ 18:00

10分

Q&A・まとめ

 

主催者概要

企業のグローバル化とデジタル化を支援するコンサルティング会社です。PLMコンサルティングやWebマーケティングや越境EC、海外展開の支援を行っております。ドイツのCONTACT Softwareの日本販売代理店として実装支援します。

 

講師紹介

Dr. Lorenz Granrath

Business Development Japan, CONTACT

1990 年 カールスルーエ大学(Univ. of Karlsrube, Germany)経営工学修士号取得

1992 年~1993 年 東京大学 客員研究員

1994 年 ザンクトガレン大学(Univ. of Sankt Gallen, Switzerland)経営工学博士号取得

1990~1994 年 GPA AG(スイス、ザンクトガレン); Balzer AG(リヒテンシュタイン);ザンクトガレン

大学. コンサルタント:ドイツ及びスイスにおける企業の生産・戦略マーケティング

1995~1997 年 ABB-STOTZ KONTAKT GmbH(ドイツ、ハイデルベルグ)

新技術プロジェクトマネージャー

1997~2001 年 GDM ドイツ国立情報処理研究所(ドイツ、ザンクトアウグスティン)

2001~2013 年 フラウンホーファー日本代表部 代表

2014 年 7 月~ 産業技術総合研究所 上席イノベーションコーディネーター

2020 年 3 月~ (独)CONTACT Software 日本地域統括マネージャー

(株) グローバルブレインスクエア

代表取締役 岩本 謙一郎

中央クーパースアンドライブランドコンサルティング株式会社(後のプライスウォーターハウスクーパースコンサルティング株式会社、現日本IBM)に入社。以来、22年間にわたり主にグローバル企業のコンサルタントとしてさまざまな企業の課題解決プロジェクトに携わる。

2006年 米国南カリフォルニア大学マーシャルビジネススクールのPostgraduate Advanced Management Program修了。

 

主な講師実績

・ビジネス・ブレークスルー大学オープンカレッジ「リーダーシップ・アクションプログラム」『ビジョン構想力講師』

・東京商工会議所千代田支部主催 グローバルマーケティング講座 講師

・大手総合電機メーカーグループ向け Webサイト構築方法論 講師(日本語・英語)

・大手総合電機メーカー系研修所 Webマーケティング 講師

・自社主催 コンサルティングスキル講座

・株式会社ビジネス・ブレイクスルー 法人向け研修講師

 

お申込み

受付を終了しました。
たくさんのお申込みありがとうございました。

 

関連リンク

アジャイル開発に対応したプロジェクトマネジメントツール

「ショップフロアからスマートプロダクトへ~デジタル化を推進するデジタルツイン」セミナー 2020年11月6日開催

Industry 4.0を元フラウンホーファー日本代表が解説!

昨今、ビジネスや社会のデジタル化が進行しています。 ドイツでは、第4次産業革命を表す”Industry 4.0”の概念が導入されました。 機械化(第一次)、大量生産(第二次)、自動化(第三次)の波に続くのは何でしょうか?それは、人工知能(AI)を使用してシミュレーションやプロセスの最適化ができる、仮想空間と現実空間を統合した環境を構築し、それを活用することです。

このデジタル化は社会にも波及しています。日本ではそれをSociety 5.0と呼び、政府はデジタル庁の創設も含めて強力に推進しています。こうしたデジタル化の根幹をなすのが、現実空間を仮想空間上でそのまま再現した「デジタルツイン」です。

今回のセミナーでは、このデジタルツインが製造業にどのような影響を与えるか、事例を挙げながら解説します

ご興味がある方はぜひご参加ください。

 

開催概要

日程:2020年11月6日(金)16:00 – 17:00 JST

会場:WEBセミナー形式 ※ご自宅などどこからでも視聴可能!

参加費:無料

言語:日本語・英語

 

お申込み

受付を終了しました。
たくさんのお申込みありがとうございました。

 

スケジュール

時間 内容 登壇者
16:00 ~ 16:10

10分

ご挨拶 岩本 謙一郎

(株)グローバル ブレイン スクエア

(日本語)

16:10 ~ 16:30

20分

Industry 4.0 vs Society 5.0:

Society 5.0が実現する未来の模様

ローレンツ グランラート

CONTACT Software

(英語)

16:30 ~ 16:50

20分

CONTACT Software ご紹介:

IoT時代のデジタルツイン管理もできるプラットフォーム、CONTACT Elementsをご紹介します。

岩本 謙一郎

(株)グローバル ブレイン スクエア

(日本語)

16:50 ~ 17:00

10分

Q&A・まとめ

 

主催者概要

企業のグローバル化とデジタル化を支援するコンサルティング会社です。PLMコンサルティングやWebマーケティングや越境EC、海外展開の支援を行っております。ドイツのCONTACT Softwareの日本販売代理店として実装支援します。

 

講師紹介

Dr. Lorenz Granrath

Business Development Japan, CONTACT

1990 年 カールスルーエ大学(Univ. of Karlsrube, Germany)経営工学修士号取得

1992 年~1993 年 東京大学 客員研究員

1994 年 ザンクトガレン大学(Univ. of Sankt Gallen, Switzerland)経営工学博士号取得

1990~1994 年 GPA AG(スイス、ザンクトガレン); Balzer AG(リヒテンシュタイン);ザンクトガレン

大学. コンサルタント:ドイツ及びスイスにおける企業の生産・戦略マーケティング

1995~1997 年 ABB-STOTZ KONTAKT GmbH(ドイツ、ハイデルベルグ)

新技術プロジェクトマネージャー

1997~2001 年 GDM ドイツ国立情報処理研究所(ドイツ、ザンクトアウグスティン)

2001~2013 年 フラウンホーファー日本代表部 代表

2014 年 7 月~ 産業技術総合研究所 上席イノベーションコーディネーター

2020 年 3 月~ (独)CONTACT Software 日本地域統括マネージャー

(株) グローバルブレインスクエア

代表取締役 岩本 謙一郎

中央クーパースアンドライブランドコンサルティング株式会社(後のプライスウォーターハウスクーパースコンサルティング株式会社、現日本IBM)に入社。以来、22年間にわたり主にグローバル企業のコンサルタントとしてさまざまな企業の課題解決プロジェクトに携わる。

2006年 米国南カリフォルニア大学マーシャルビジネススクールのPostgraduate Advanced Management Program修了。

 

主な講師実績

・ビジネス・ブレークスルー大学オープンカレッジ「リーダーシップ・アクションプログラム」『ビジョン構想力講師』

・東京商工会議所千代田支部主催 グローバルマーケティング講座 講師

・大手総合電機メーカーグループ向け Webサイト構築方法論 講師(日本語・英語)

・大手総合電機メーカー系研修所 Webマーケティング 講師

・自社主催 コンサルティングスキル講座

・株式会社ビジネス・ブレイクスルー 法人向け研修講師

 

お申込み

受付を終了しました。
たくさんのお申込みありがとうございました。

 

関連リンク

デジタルツインを使ったIoTプラットフォーム

セミナー動画

Industry 4.0実現のカギとなる「デジタルツイン」とは何か?(セミナー動画Part1)

Industry 4.0の導入事例(セミナー動画Part2)

Industry 4.0とSociety 5.0(セミナー動画Part3)

CONTACT Elements for IoTのご紹介・デモ(セミナー動画Part4)

『PLM、IoT、プロジェクト管理業務デジタル化促進のためのWEBセミナー』CONTACT Cloud Connect 2020

『業務デジタル化促進のためのWEBセミナー』

– CONTACT Cloud Connect 2020

CONTACT Cloud Connectでは、PLM、IoT、プロジェクト管理に関する最新情報をお伝えします。

今回のトピック:

製造業の企業はどのようにして製品開発プロセスや運用プロセスをさらにデジタル化し、付加価値を創造できるか?特に、デジタル化プロセスをスピードアップするプラットフォームとソリューションが求められています。

ご興味がある方はぜひご参加ください。

 

▌開催概要

日程:2020年10月13日(火)17:00 – 19:30 (UTC+9)

会場:WEBセミナー形式 ※ご自宅などどこからでも視聴可能!

参加費:無料

言語:英語

 

お申込み

たくさんのお申込みありがとうございました。

 

▌講師チーム

▌スケジュール

時間 内容 登壇者
17:00 p.m. (JST) ご挨拶・オープニングキーノート
17:30 p.m. (JST) CIM Database PLM:

製品ライフサイクルに関するデジタル化の成熟度に関するロードマップとリリースハイライト

CIM Database PLMの詳細はこちら

Dr. Patrick Müller

CONTACT Software

17:30 p.m. (JST) CONTACT Elements for IoT:

プロセスのスマート化と付加価値に関するロードマップとリリースハイライト

CIM Elements for IoTの詳細はこちら

Dr. Nicole Göckel, Stefan Gregorzik

CONTACT Software

18:00 p.m. (JST) 製品コスト計算:

原価、製品開発スコープ、変動要因を加味した製品コスト計算

Christian Muggeo

CONTACT Software

18:00 p.m. (JST) アジャイル型システムエンジニアリング

MBSE(Model-Based Systems Engineering)とIoTはどのように製品をサポートするか?

アジャイル型システムエンジニアリングツール CONTACT プロジェクトオフィスはこちら

Thomas Dickopf

CONTACT Software

18:30 p.m. (JST) プロジェクトオフィス:

ハイブリッド型プロジェクトマネジメントに関するロードマップとリリースハイライト

アジャイル型システムエンジニアリングツール CONTACT プロジェクトオフィスはこちら

Udo Leischner

CONTACT Software

18:30 p.m. (JST) データサイエンスの専門知識不要で、簡単に導入できる機械学習(マシンラーニング) Dr. Rolf Sohrmann

Weidmüller Interface

19:00 p.m. (JST) クロージングキーノート:

Q&A、アンケート案内など

19:30 p.m. (JST) まとめ

 

▌主催者概要

CONTACT Softwareはドイツのブレーメンで1990年に設立されて、革新的なデジタルプロセスにおいて30年の経験があります。コラボレーションのための優れた実用的な技術を顧客に提供しています。

主なクライアントは、世界中で活動している製造業をはじめとする様々な会社であり、40カ国・2000事業所に導入されています。

コンタクト・ソフトウェア製品の詳細はこちらをご覧ください。

尚、現在CONTACT Softwareの日本法人はありません。株式会社グローバルブレインスクエアが正規販売代理店となっています。お問い合わせは株式会社グローバルブレインスクエアまで。

海外設計部門とのコラボレーション 大手自動車メーカー様

設計・製造のグローバル化を推進する大手自動車メーカー様に対し、海外設計部門が設計したデータを受領し、国内で設計した上で、結果を海外設計部門に返す一連のプロセスについて、設計する製品ごとに詳細な業務プロセス、システム、運用ルールの設定をするプロジェクトを遂行した

主な業務範囲

  • 現状業務分析
  • 業務要件定義(新業務フロー、システムフロー、運用ルール定義)