世界的な物理学者エリヤフ・ゴールドラット博士が開発した制約理論に基づき、ユーザーニーズと他社の状況を鑑み、貴社製品・サービスの強み(訴求点)を明確化します。その上で、市場における競合優位性を獲得し、収益を拡大するための最適な戦略を立案します。

サービスの内容

ユーザー起点の市場環境調査

デジタル化の推進に伴い、業界の概念が変わりつつあります。「カーナビ業界」「オーディオ業界」「携帯電話業界」といったかつての枠組みは、スマートフォンの登場により取り払われました。GBSはユーザー側の視点に立ち、関連する業界をくまなく調査し、ユーザーが直面している環境に即した本来の「市場環境」を調査します。

 

ユーザーニーズと事業ニーズの対立点解消

多くの場合、ユーザーは自分が気に入った製品やサービスが見つかれば、それを使い続ける傾向があります。BtoBビジネスで言えば、スイッチングコストは相応のものとなりますので、調達の都度、サプライヤ選定をするのは現実的ではありません。 1つの製品をずっと使い続けてもらうためには、相応の品質のものを作らねばなりません。一方で、ユーザーは全く同一性能の製品であれば安く買いたいという意向が働きます。
これはあくまで一例ですが、このようにユーザーニーズと事業ニーズはそもそも対立構造にある場合が多いものです。GBSではこうした対立を、制約理論のツールを活用して解消していきます。

主な実績

  • 大手総合電機メーカー様
  • グローバルマーケティング戦略策定、グローバルWebサイト制作

  • 大手計測器・半導体製造装置メーカー様
  • webサイトを活用した具体的なマーケティング・ブランディング戦略を立案

  • 中堅設備機器メーカー様
  • 営業(商談)、サービス(不具合対応)業務へのAI活用戦略立案

    実績紹介を見る