GBSのPLMソリューションは設計者の業務効率を上げ、タイムトゥマーケットを短縮することはもちろんのこと、市場投入後の情報を逐次収集し、設計・開発にフィードバックすることで製品ライフサイクル全体の情報清流化をめざします。

このような課題はありませんか?

  • BOM(部品表)を中心に、効率的な情報管理を行い、設計効率を向上させたい。
  • 3D CAD中心の設計業務を確立し、全社的に3Dデータを活用したい。
  • 関連部門と情報連携を強化し、全社的な情報の清流化を実現したい。

製造業が置かれる事業環境は大きく変革しています。
製品のライフサイクルが短縮化し、顧客ニーズが多様化することにより、従来の大量生産前提のビジネスモデルから、多品種少量生産への対応が必要になっております。
設計は、従来よりも多くの製品を設計するようになり、調達すべき部品もそれに合わせて多様化します。製造もより多くの段取り替えを必要とし、物流も小ロットでの配送が必要となります。もちろん、営業が扱う情報も多様化することは言うまでもありません。
こうした時代の変化には、従来の業務プロセスでは対応しきれません。
その他にも、開発から量産までのプロセスの短期化や、設計拠点のグローバル化は、これまで実施してきた設計業務を形式知化しルール化していくことが求められます。

グローバルブレインスクエアでは貴社と一緒に課題を解決し、改善します。

PLMソリューションサービスの流れ

1.要件定義

  • 現状業務分析調査
  • 現状システム分析調査
  • 導入体制の策定
  • 業務・システムのあるべき姿(To-Be)要件定義
  • PLMパッケージシステムの検討

2.設計

  • 業務・システム設計
  • 運用体制の設計

3.実装

  • PLMシステム(3D CAD、PDMなど)の構築
  • 運用フロー作成

4.運用

  • マニュアル作成、ガイドライン策定
  • 利用者のトレーニング実施