『DX(デジタルトランスフォーメーション)Webセミナー』
CONTACT Cloud Connect 2021

デジタル活用を推進し、ビジネスにおけるレジリエンスを強化

インダストリー4.0、デジタルビジネスモデル、クラウドコンピューティング、モノのインターネット、人工知能:

デジタル化の機会は、今日ほど大きなものはありません。その一方で、今後も成功を収めるためには、企業に新たな能力や技術力が求められています。その鍵となるのが、デジタル主権の構築です。

デジタルで自己決定しましょう!
Cloud Connect 2021では、どのキーコンピテンシーとテクノロジーが本当に重要なのかをご紹介します。トップクラスの基調講演、エキサイティングな専門家やお客様の貢献により、製品、サービス、インフラの開発、生産、運用、販売を俊敏かつ独立して行う方法を体験できます。

ご参加いただけない場合でも、ご登録いただければ幸いです。ご登録いただいた内容は、オンデマンドでご提供させていただきます。

セッションは英語と中国語で行われます。

注目の基調講演

グローバルなネットワークがかつてないほど急速に拡大しているため、将来を見据えたビジネス上の意思決定がますます困難になっています。私のプロジェクトにはどのデジタル技術が適しているのでしょうか?

基調講演では、ガートナー社のシニア・ディレクター・アナリストであるアレクサンダー・ホーペ氏が、アジャイルに運用し、より持続的なビジネスを行うためには、互換性のあるソリューションが重要であることを紹介します。

ガートナーは世界有数のリサーチ・アドバイザリー企業であり、企業全体のエグゼクティブが正しい意思決定を行い、変化に先んじて行動するための支援を行っています。

CONTACTの世界での実践的な考察

コンタクトのお客様である、加工産業向けの革新的なソリューションを提供するフルラインサプライヤーのMarel社と、国際的に事業を展開する造船会社のUlstein社が、私たちのコラボレーションについて独占的な洞察を提供し、デジタル主権への道を示しています。

国際的なパートナーとの意見交換の機会を得ることができます。

▌開催概要

日程:2021年10月26日(火)16:00 – 20:00 (JST)

会場:WEBセミナー形式 ※ご自宅などどこからでも視聴可能!

参加費:無料

言語:英語・中国語(Base campのみ日本語)

 

お申込み

お申込みはこちら(英語ページ)
登録済みの方

 

▌スケジュール

時間 内容 講師
4:00 p.m. (JST) ご挨拶 マイケル・ムルガイ(Michael Murgai) - Hosts
Director Strategy & Operations
CONTACT Software
4:15 p.m. (JST)
基調講演:コンポーザブル・ソリューションでビジネスを拡大

製造業のデジタルトランスフォーメーションでは、ますます複雑化する要件を使いこなすために、ベンダーやエンドユーザー企業に最大限の柔軟性が求められます。そのための鍵となるのが、モジュラーアプローチです。「コンポーザブル・ビジネス」という意味でビジネスを構築している製造業企業は、変化に柔軟に対応し、デジタル化の取り組みをより持続的に計画し、より迅速に実施することができます。「コンポーザブル・ポートフォリオ」により、テクノロジープロバイダーやサービスプロバイダーは、さまざまな顧客のニーズに最適な方法でソリューションを適応させることができます。意思決定者やエンドユーザーがデジタル化の取り組みに直接関与することで、デジタルトランスフォーメーションを加速させることができます。

セッションは英語と中国語で行われます。

アレクサンダー・ ヘッペ(Alexander Hoeppe) - Keynote Speakers
Senior Director Analyst
Gartner Inc.
4:45 p.m. (JST) サービスとしてのCONTACT Elements

クラウドベースのソフトウェア製品は、PLMのようなエンタープライズソフトウェアにおいても、ソフトウェア市場を変えつつあります。今年から、CONTACT ElementsはSaaS(Software-as-a-Service)としても利用できるようになりました。基調講演では、フランク・パッツ=ブロックマンが、CONTACT Elementsの導入モデルを包括的に紹介し、コスト、機能、技術の面で比較します。ここでは、CONTACTのSaaS製品、その利点と関連するロードマップをご説明します。

  • CONTACT Elementsのクラウド導入モデル
  • 必要機能のみを導入。SaaSによるコンタクトエレメント
  • サービスとしてのCONTACT Elementsプラットフォーム。お客様のメリットは?

セッションは英語と中国語で行われます。

フランク・ パッツ-ブロックマン(Frank Patz-Brockmann) - Speaker
Director Software Development
CONTACT Software
5:00 p.m. (JST) ウルステインにおけるPLM導入事例

造船業界は製品ライフサイクルが短く、国際的な競争圧力にさらされています。この市場で生き残っていくためには、革新的な力、納期と予算の厳守、そして高い品質が不可欠です。ノルウェーに本社を置くウルステイングループは、船舶設計・ソリューション、造船、グローバルな販売・出荷の分野で国際的な成功を収めている造船会社です。近年、同社への要求は継続的に高まっています。厳しい規制要件、より大型で持続可能な船舶への需要の高まり、さらには建造までのリードタイムの短縮化などにより、多くの専門分野とITシステムの連携が必要となっています。ウルスタイン社は、異なる部門間で必要な情報の流れを加速し、データサイロを回避するという課題に直面していました。CIM Database PLMを使用することで、ウルステイン社は増大する複雑さを管理し、ドメイン間で人材、システム、プロセスを同期させ、開発期間とコストを削減することができます。

本セッションでは、ウルステイン社のリード・ナバル・アーキテクトであるHåkon Vestnes氏が、新しいPLMシステムの厳しい導入プロセスにおいて、同社とCONTACTがどのようにして準備し、成功させたかを説明します。

セッションは英語と中国語で行われます。

ホーコン・ベストネス(Håkon Vestnes) - Speaker
Principal Engineer - Lead Naval Architecture
ULSTEIN DESIGN & SOLUTIONS
5:30 p.m. (JST) デジタルエンタープライズPLM

技術主権とデジタル化された企業の鏡としてのPLM

本発表では、PLMプロセス、モジュール型PLM技術、そして企業主権の依存関係に焦点を当てています。本講演では、PLM技術、プロセスパターン、PLM運用からなる新たな戦略的トライアングルに投影された、ディスクリート製造業のデジタル化と変革プロセスの最新動向を取り上げます。また、デジタル成熟度に関連する要素や導入事例についても紹介します。

セッションは英語と中国語で行われます。

パトリック・ミュラー(Dr. Patrick Müller) - Speaker
Director Innovation Strategy
CONTACT Software
5:45 p.m. (JST) レジリエンスの高いビジネスの基礎となるプロダクト・ハイウェイとコンポーザブル・アーキテクチャー

昨今のメーカーニーズに対応するために、コンポーザブルでモジュラーなソリューションを構築します。

今日の複雑で高度な設定が可能で、耐用年数の長い製品には、そのライフサイクルにわたって重要な製品データにアクセスするための新しいアプローチが必要です。
製品やバリューチェーンの複雑化に伴い、製品の完全性を損なうことなくリスクを軽減し、製品の開発と提供を加速するために、データの接続性とトレーサビリティーの改善が求められています。
マレル社では、モジュール式で構成可能なITソリューションを構築するアプローチをとっており、製品のライフサイクルの各段階において、様々なソースからのデータをリンクさせ、デジタル製品データスレッドを構築するために、コンタクト要素を選択しています。

セッションは英語と中国語で行われます。

マレル・ホールディング(Marel Holding B.V.) - Speaker
Enterprise Architect
6:15 p.m. (JST) バリューチェーンの課題とソリューション&まとめ

セッションは英語と中国語で行われます。

トーマス・ランタマン(Thomas Lantermann) - Speakers
Senior Consultant Digitalization
Mitsubishi Electric Europe B.V.

 

 

マイケル・ムルガイ(Michael Murgai) - Hosts
Director Strategy & Operations
CONTACT Software

6:45 p.m. (JST) グローバル ブレイン スクエアによるベースキャンプ

・日本におけるデジタルトランスフォーメーション(DX)のトレンド

・日本のモノづくりにおけるデジタルツイン活用戦略

・日本的プロジェクトマネジメントの特徴

セッションは日本語で行われます。

岩本 謙一郎

グローバル ブレイン スクエア 代表取締役

 

▌主催者概要

CONTACT Softwareはドイツのブレーメンで1990年に設立されて、革新的なデジタルプロセスにおいて30年の経験があります。コラボレーションのための優れた実用的な技術を顧客に提供しています。
主なクライアントは、世界中で活動している製造業をはじめとする様々な会社であり、40カ国・2000事業所に導入されています。
コンタクト・ソフトウェア製品の詳細はこちらをご覧ください。
尚、現在CONTACT Softwareの日本法人はありません。株式会社グローバルブレインスクエアが正規販売代理店となっています。お問い合わせは株式会社グローバルブレインスクエアまで。

 

お申込み

お申込みはこちら(英語ページ)
登録済みの方